News一覧

「ボクの楽描き・ミュージシャン肖像画展」のご案内

「こむろゆいとかわのしゅんじ」のミニアルバム「てのひらバケツ」の
ジャケットイラストを担当してくださった平瓦正幸さんの作品展
「ボクの楽描き・ミュージシャン肖像画展」のご案内です。

小室等、こむろゆいの肖像画もあります!!


平瓦正幸「ボクの楽描き・ミュージシャン肖像画展」

日時:9月1日(水)〜30日(木) 11:00〜18:00 (土日祭日お休み)
会場:black&yellow (大阪市西区/東海建物西元町ビル308号)
最寄駅大阪地下鉄「阿波座駅」1番出口徒歩1分

入場無料

※留守の時がありますので連絡いただくと確実です。
tel  090-7879-8865 (平瓦)


小島武展「夢ひとつ」ご案内

【小島武展「夢ひとつ」ご案内】

小室等や六文銭のアルバムジャケットをいつくも手がけてくださり
小室とは1960年代から親しい友人でもあったイラストレーター小島武さん。
2009年に他界され、素晴らしい多くの作品を残されました。
現在、京都dddギャラリーで、小島武さんの作品展が開催されています。
ぜひご来場いただきたくご案内です。

︎ギャラリーのサイトには開催にあたりの小室のメッセージも掲載されています。
https://www.dnpfcp.jp/gallery/ddd/jp/00000775

︎「小島武展 夢ひとつ」解説動画
展覧会の企画・監修者である平野公子さんが「小島武の魅力」を解説します。
こちらからご覧いただけます。
https://www.dnpfcp.jp/CGI/gallery/news/detail.cgi?seq=0000726&type=2&t=2

小島武展「夢ひとつ」
日時:2021年7月24日(土)〜 9月25日(土)開館時間11:00-19:00
※土曜日と9月19日(日)は18:00まで
※特別開館9月19日(日)
日曜・月曜・祝日休館

会場:京都dddギャラリー
https://www.dnpfcp.jp/gallery/ddd/
〒616‒8533 京都市右京区太秦上刑部町10
TEL:075-871-1480   FAX:075-871-1267

地下鉄東西線 太秦天神川駅1番出口 徒歩3分、
嵐電嵐山本線 嵐電天神川駅 徒歩5分、
市バス・京都バス 太秦天神川駅前下車、
駐車場無

入場無料


Pカンパニー第33回 別役実追悼公演 『雨が空から降れば』

小室等が作曲を担当した演劇公演のご案内です(小室は出演いたしません)。

Pカンパニー第33回 別役実追悼公演
『雨が空から降れば』

作:別役実
作曲:小室等
演出:林次樹

出演:
林次樹、水野ゆふ、一川靖司、宮川知久、内田龍磨、磯貝誠、森源次郎、木村万里、
吉岡健二、木村愛子、横幕和美、吉田恵理子、山田健太、近藤守、福井裕子(演劇集団円)

公演日時
5月12日(水) 19時〜
5月13日(木) 14時〜 / 19時〜
5月14日(金) 14時〜
(19時30分〜六文銭コンサート・チケット別途販売
5月15日(土) ・14時〜(視聴障がい者向け音声ガイドサービスあり・事前にお問い合わせください)
・19時〜(別役実追悼アフタートークあり・ ゲスト:内田洋一(文化ジャーナリスト)
5月16日(日 ) 14時〜 / 19時〜

会場:シアターグリーン 5F BOX in BOX THEATER

料金:一般 ¥5,500 / シニア割(65歳以上)¥4,500 / U25割(25歳以下)¥3,500

前売開始:4月1日(木)
チケット・お問い合わせ:Pカンパニー / tel・fax 03-6338-1217

※バリアフリーサービス:Pカンパニーへ事前にお問い合わせください。
・15日(土)14時の回、視聴障がい者向け音声ガイドサービスあり。
・車椅子での観覧可(定員あり)。
・聴覚障がい者への台本の貸し出し/受付筆談対応可。
・必要介助者1名様のみ無料。

【新型コロナウイルス感染予防対策】
ご来場の皆さまに、来場時の検温、手指消毒やマスク着用などをお願いしております。
また、発熱のある方、体調に不安を感じる方、2週間以内に感染者との濃厚接触が確認される方は、
ご来館をお控えくださいますようお願いします。
その他、詳細はPカンパニーのホームページをご覧下さい。
ご不便をおかけしますが、ご理解ご協力のほど、お願い申し上げます。

Pカンパニー
http://p-company.la.coocan.jp



Lagiappe(小室等・こむろゆい)動画配信のお知らせ!

「おうちで中原中也生誕祭」に、
Lagniappe(小室等・こむろゆい)で参加しました。

4月29日は詩人・中原中也の生誕日です。
毎年「中原中也記念館」では中原中也生誕祭として
「空の下の朗読会」やミニライブなどの催しを行っていますが、
今年度は新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止となりました
そこで、中原中也記念館ではwebで発信できることを!と、
「おうちで中原中也生誕祭」と題した企画が開催されます。

中原中也記念館の公式Twitterで、
誰でも参加出来る朗読動画の投稿企画や、
これまで生誕祭でライブされたアーティストたちが
中也に関する楽曲のパフォーマンス動画などを見ることができます

▶︎Lagniappe(小室等・こむろゆい)も
おうちで「サーカス」を演奏してる動画で参加しています。
https://twitter.com/chuyakan/status/1255286311721852928?s=21

ちなみに使用楽器は、
等さんは《K.Yairi RA-2 1994》
ゆいは《T’s Ukulele TM-100》

朗読参加の詳細は下記をご覧ください。
▶︎中原中也記念館サイト「おうちで中原中也生誕祭」ページ
http://www.chuyakan.jp/news/webseitan2020/


唐十郎『ジョン・シルバー』シリーズ上演(劇中歌:小室等)

小室等の劇中歌も響きわたる唐十郎『ジョン・シルバー』シリーズ上演のご案内です。

『
唐ゼミ☆3年越しのテント公演! いざ、海辺のトライアスロン公演へ!!
劇団唐ゼミ☆第29回公演 
『ジョン・シルバー』三部作 一挙上演
!』

「ジョン・シルバー」「続ジョン・シルバー」「あれからのジョン・シルバー」
作=唐十郎
演出=中野敦之

■日程:
9月17日(火)〜23日(月祝)

17日(火) 19:30 ①ジョン・シルバー
18日(水) 19:30 ②続ジョン・シルバー
19日(木) 19:00 ③あれからのジョン・シルバー
20日(金) 17:30 ①ジョン・シルバー
19:30 ②続ジョン・シルバー
21日(土) 19:00 ③あれからのジョン・シルバー
22日(日) 14:00 ①ジョン・シルバー
16:00 ②続ジョン・シルバー
19:00 ③あれからのジョン・シルバー
23日(月) 14:00 ①ジョン・シルバー
16:00 ②続ジョン・シルバー
19:00 ③あれからのジョン・シルバー

※受付:開演の30分前
※開場:開演の15分前

■会場
:日本丸メモリアルパーク内 特設テント劇場(CタワーとDタワーの間)
横浜市西区みなとみらい2-1-1
(JR・市営地下鉄 桜木町駅より徒歩5分
 みなとみらい線  馬車道駅より徒歩5分
)
https://www.nippon-maru.or.jp/

■料金:
3本セット券 6,500円◆(※要予約、初回精算)
「ジョン・シルバー」「続ジョン・シルバー」
/ 前売:2,500円(当日+500円)
「あれからのジョン・シルバー」
/前売:3,500円(当日+500円)
※学生割引※各料金より500円引き!(要学生証)
※全席自由。チケット番号順入場

■チケット予約:
WEB予約フォーム 
http://karazemi.com/ticket.html

■お問い合わせ:劇団唐ゼミ / tel 070-1467-9274

【 あらすじ 】
『ジョン・シルバー』
片足を失った男「ジョン・シルバー」は戦後の東京で妻の小春と銭湯を営んでいたが、平和な日々に飽き足らず突如失踪。以来、小春は夫を探す旅を続けていた。
行き着いた浜辺で小春を見初めた紳士は、シルバーを諦めさせるための賭けをする。
ついに紳士に身を任せようとする小春だったが、彼方からシルバーの唄が響きわたり……
『続ジョン・シルバー』
夫シルバーの帰りを待つ小春は、今では紳士の囲われ者となっていた。喫茶ヴェロニカのオーナーとマダムにおさまった二人だったが、夜の生活は屈折に満ちていた。
小春は愛車ムスタングを疾走させてシルバーの名を叫び続け、紳士は屈辱の日々を過ごす。
近所の商店主たちが組んだグループサウンズ、恋を夢見る少女と万引きおばさん、そして当たり屋一家。
ヴェロニカに入り乱れる喧騒の中、またもシルバーの唄が近づいてくる……
『あれからのジョン・シルバー』
かつて夫を捜していた小春は娼婦に身を堕として「春子」となり、闇屋となった紳士のもとで商売をしていた。
一方、街には戦争で家族を失った者たちが溢れている。母を亡くした少年・又三郎は大人の男になるために春子を求め、ダンスホールの支配人・花形ミツルは亡き姉の面影を春子に見出す。
失った家族に寄せる人々の妄執を一身に受けながらも、シルバーを一心に待ち続ける春子がとった行動とは……


小室 等 アルバム「プロテストソング2」書籍「プロテストソング」 発売記念イベント~MINI LIVE & サイン会~のご案内

日時:3月18日(日) 13:00~14:00
会場:HMV&BOOKS SHIBUYA 7Fイベントスペース

※イベント観覧はフリーですが、サイン会には参加券が必要です。

小室等のアルバム 「プロテストソング2」 または、「プロテストソング」、
ならびに、書籍「プロテストソング」をHMV&BOOKS SHIBUYAにて
3月18日のイベント日の開店時からイベント終了時までにお買い上げいただいたお客様に、
ミニライブ終演後のサイン会参加券をお渡しいたします。

《サイン会参加に際しての諸注意事項》

◯ イベント日以前にお買い上げいただきましたお客様は、本イベントの対象外となりますので、予めご了承ください。

◯特典会参加券は1枚につき、1回限り、1名様のみ有効とさせていただきます。
また紛失・盗難などによる再発行は出来ません。失くさないよう大切に保管下さい。

◯対象商品は購入後の返品・返金は受けられません。

◯サイン会参加券をお持ちの方は、ミニライブ優先エリアにてご観覧いただけます。

お問い合わせ:
フォーライフミュージック  マーケティング部 03-6409-6980(平日11時~18時)


「いま 生きているということ」映画挿入歌に決定

10月7日より公開される映画『いただきます〜みそをつくる子どもたち』の挿入歌に、
「いま 生きているということ」(作詞:谷川俊太郎、作曲・歌:小室等)が決定しました。
ぜひ映画をご覧下さい。

《映画情報》
2017年10月7日(土)UPLINK渋谷 ほか全国順次公開
『いただきます〜みそをつくる子どもたち』
http://itadakimasu-miso.jp/

医食同源・和食給食に込められた「いただきます」の本当の意味
命輝く子どもたちから元氣をもらう
ピュア・ドキュメンタリー
(2017年 / 日本 / 75分 / 16:9 / デジタル)


小室等 年頭のご挨拶

自分に何ができるかですが、70代に入って時間も限られてきましたし、もとより手持ち能力の限界知るところですから、まあ大したことはできません。
それにひきかえ、ゆいの人生はまだまだですし、今頃になって、歌もよくなってきているので、親ばか目線で楽しみです。
社長ののり子は昨年はコンテンポラリーダンスを追いかけ、なんと今年はワークショップ参加にも挑戦しそうな勢いの発展途上。

と、年明けのオフィス・キーズはこんな塩梅ですが、
具体的には、昨年に引き続き、それぞれのライブ活動を中心にしたうえで、

●小室等はニューアルバム、レコーディング中です。
タイトルは「プロテスト・ソングⅡ」(仮)、詩は過去に谷川俊太郎さんと組んで出したアルバム「プロテスト・ソング」と同様、今回も詩は全て谷川俊太郎さんです。参加ミュージシャン:佐久間順平、高良久美子、竹田裕美子、田代耕一郎、谷川賢作、八木のぶお、諸氏。

●そのあとに続けて、「六文銭’09」、「Lagniappe(ラニヤップ)」、それぞれニューアルバムのレコーディングを予定しています。コンセプトは全てプロテスト・ソング。
小室等、六文銭’09、Lagniappeでプロテスト・ソング三部作のようなものにしたいと考えています。

●東京 東中野 Space&Caféポレポレ坐でのイベント、永六輔さんを迎えての「小室等のコムロ寄席」は昨年で終演しましたが、ご好評矢崎泰久さんを迎えての「番外編:文化の交差点話の特集物語」は今年も続きます。さらに加えて、新たに始まったシリーズ、伊藤多喜雄さんを添乗員にしての「民謡を旅する」、暮れに一回目を開きましたが、みなさん多喜雄さんの話と歌にしびれまくりの大好評でありました。

●白神直子さんとやっている、毎週水曜日(13時~17時生放送)FM世田谷・ミュージック・バードの「アフタヌーンパラダイス」は、7年目に入って4月以降もやらせていただくことになりました。

●東京メトロポリタン・テレビジョン(MXテレビ)での「小室等の新音楽夜話」も4年目に入りゲストのみなさんに助けられ楽しく続行中です。

世の中、どんどん悪くなってきていますが、それでも、いいなりにはならないぞ!の気持ちで、もぞもぞと蠢めきつづける2017年でいようと思っています。
みなさん、今年もどうぞよろしくお願いします。

小室等


舞台「街と飛行船」(音楽担当:小室等)

160109machitohikousen

小室等が音楽を担当した、舞台のご案内です。
(※本人の出演はありません)

別役実フェスティバル参加作品
劇団昴 ザ・サード・ステージ 第33回公演
「街と飛行船」

作:別役実
演出:鵜山仁(文学座)
作曲:小室等

日時:2016年1月9日(土)~13日(水)
会場:東京芸術劇場シアターウエスト

詳細、下記サイトより参照ください。

劇団昴、公式サイト
http://www.theatercompany-subaru.com/

【ストーリー】
とある街に降り立った、セールスマンの男。
そこは、見知らぬ閉じ込められた街。
街に住む人々は、仮想家族を作り、そして、仮想の思い出を作っている。
ある日、街の上空には飛行船が。
飛行船は、街を救う象徴なのか?それとも…。
(劇団昴、サイトより)

※六文銭’09のレパートリーでもある「街と飛行船」
これも、別役さんのお芝居から生まれた歌です。
劇中曲、すべて小室の作曲です。
ぜひぜひご覧頂きたく、皆様のご来場お待ち申し上げております。